アメリカのAmazonでゲームを買おうとしまし

アメリカのAmazonでゲームを買おうとしました、お届け先住所にはお届けできませんみたいな文がでました。 アメリカのAmazonではゲームを購入できないんですか?

単純にその商品や出品者が海外には届けられない品だったってだけでしょう。 日本のamazonにも国外への配達は不可能な品はありますし。

種苗法について詳しい方、教えてください。最近、ハンドメイドマーケット等で、自分で殖やした植物を販売している方をよく見掛けます。 聞きかじりであやふやなのですが、確か個人で殖やした植物を営利目的で売ることはいけなかったような気がしたのですが…種苗法のサイトを読んでみましたが、頭が悪い為か難しくて理解できませんでした。自分で殖やした多肉植物の苗を、出回っている金額よりも低価格で販売するのは、園芸店さんやプロとして、市場から仕入れて販売している方の商売の邪魔をしているように思えてなりません。あくまでも、植物を殖やして販売する資格や免許など取得してからなら販売可なんでしょうか?詳しい方、教えてください。

種苗法とは、新品種の保護を目的とした法律で、珍しくも無い昔からある植物を増やして販売しても、法律違反にもならないし、農家もそれで稼いでいます。 種苗法(品種登録)の有効期間は、昭和53年~平成9年までに登録された品種は15年。平成10年~は20年となりました。 その後、平成17年の改正により、有効期間が25年に伸びています。 しかし、登録されている品種についての保護の法律であり、『私が作出し、〇〇と言う品種名で登録しました』と言うのが認められない限り、保護される事は無いです。 なので、新品種を開発した県等は、種も枝も、一切外部に出さないと言う契約を結んで生産者に作らせています。 種苗法で守られている苗は、1本1本に管理No.が付いたラベルを付けないと販売出来ない事になっていますし、多肉��

�品種登録されている様な珍しい物は見た事が無いので、質問者様が指摘されている様な方は、法律には全く触れていないと思われます。 種苗法に抵触せづに、挿木や種蒔き、接木等で増やせる植物は多く、(特に果樹は)ニーズも増えて来ているので、年金があてにならない現在においては、そう言った得意分野を作って、老後に困らない土台を作る事が大切になって来ると思っています。